理想のバイクを探す・GarageRomi

自分の理想のバイクをさがそう

名車・Vmax1200・インプレ 理想のバイク

今回はYAMAHAの名車 Vmax1200のインプレです。



こちらは筆者に弄り回されフルタイムVブースト化されたvmax1200 2LT

YAMAHA Vmax1200独自採点評価


1.横に立っての押し引き取り回し

★★☆☆☆☆☆☆☆☆


2.トルク感(加速力)

★★★★★☆☆☆☆☆


3.パワー感(高回転の伸び)

★★★★★★☆☆☆☆


4.気楽さ

★★☆☆☆☆☆☆☆☆


5.疲れにくさ

★★★★★★★☆☆☆


6.上がりのバイクになり得るか

★★★★☆☆☆☆☆☆



1.横に立っての取り回し

bike-lineage.org

Vmax1200は装備重量280kg程の重量車です。
取り回しには気を遣いますが、車高はそれ程高くありませんので慣れればなんとかなる印象です。

砂利道やアスファルトに砂がかかっている場所では、足を滑らせると簡単にひっくり返す車格と重量があります。
ある程度まで傾いてしまうと耐えきれずに倒してしまいます。


2.トルク感


V型4気筒1200エンジンを積んでいますのでそこそこのトルクはあります。
しかし重量がかなりありますし、今となってはだいぶ古い設計のエンジンです。

シャフトドライブ等のフリクションロスも多く、やや重量負けをしており、トルク不足感を感じます。
加速も近年の同クラス直列四気筒車の方が断然良い印象です。

V4エンジンはVFR800等走らせた事がありますが、良くも悪くもV4エンジンは独特のフィーリングがあります。
近年のMT09辺りを走らせてみますと、vmax1200より加速も高回転の伸びも良く断然速い事が分かります。



3.パワー感


逆輸入のVブースト装着車は、高回転時に隣同士連結されたキャブのバルブが開き、高出力化しますが、それ程の伸びはありません。

フリクションロスが多い車種なので、パワーチェックを行っても後軸で100馬力程しか出ませんでした。
近年の直四インジェクション車の方が遥かに速く感じます。

筆者はフルタイムVブースト化し、全域でVブーストを使えるようにしていましたが、それでもまだ近年の直四、直3エンジンの方が高回転も伸びが良く速い印象です。


4.気楽さ


取り回しには気を遣い、ガレージ出庫時やコンビニでの向き変え等も少々疲れますので、気楽さはあまり感じられませんが、ハンドル切れ角の少ないセパハンメガスポーツ車や、車高と重心の高いビッグアドベンチャー車と比較すると、多少は楽かと思います。


5.疲れにくさ

乗車姿勢はゆったりしており、車格と重量の割にはハンドリングが良く、意外とスイスイ寝てくれ曲がり易い印象です。
一般道、高速道路ともに余裕はあり、ワインディングや長距離もあまり疲れを感じません。

余談ですが、vmax1200はフロントタイヤは純正ホイールでもラジアルタイヤを履くことは可能です。
リアは純正ホイールのままですとサイズが合うラジアルタイヤはありませんので、ホイール交換が必要になってきます。

筆者は当時ヤフオクでたまたま見つけたダイマグ17インチに交換しラジアルタイヤを履かせていました。
前後ラジアルタイヤを履かせるとよりパタパタと寝てくれるようになりワインディングが楽しくなります。




6.上がりのバイクになり得るか

総合的に見て上がりのバイクになり得るかという点ですが、vmax1200は上がりのバイクになり得る可能性は残念ながらやや低い車種だと感じます。
見た目はマッスルで独特の雰囲気があり、エンジンも美しく、唯一無二の魅力のある車種です。

筆者も学生時代からの憧れでvmax1200に乗り出しました。
しかしエンジン設計が古く、フリクションロスも多いため、出力的には近年の車種には遠く及びません。
これはカタログスペック上の数値ではなく、実際何十車種と走らせてみると分かってきます。

こう書いてきますと、ネガティブ部分がわりと目立ってしまいますが、Vmax1200はそれを全て覆す唯一無二の雰囲気と見た目の魅力があると感じます。

vmax1200に惚れ込み、何がなんでもvmax1200じゃなければダメなんだ。
という方には上がりバイクになるのかもしれませんが、今一度色々なオートバイに試乗してみるのも新たな発見があり面白いのではないかと思います。

筆者は今でもVmax1200の見た目と雰囲気が好みです。
たまに昔の画像を見直してはvmax格好良かったなと思い出に浸っております。


zzr1200romichannel.hatenablog.com

zzr1200romichannel.hatenablog.com

最後まで読んで頂きましてありがとう御座います。
次回は他車種をインプレしていきます。